amazonギフト券買取

クレジットカード現金化、他人の感想や体験談の利用法

口コミというのは、知らないサービスなどを初めて利用する際の判断材料の一つではあります。

ただし、口コミや他人の感想を鵜呑みにするのは危険です。

内容と少し違った…程度のことで済めば問題ありません。

しかし、実際には「口コミを信じたせいで、被害に遭った…」、「怪しいなとおもっていたけれど、口コミを見たら納得してしまい、詐欺に巻き込まれた…」といったケースが後をたちません。

では、クレカ現金化の場合でも、被害に巻き込まれることを防ぐためには、口コミをどう利用したらよいのでしょうか?

具体的な口コミの利用手段とは

具体的な調査データがある訳ではありませんが、ネット上に氾濫している口コミの9割位は、おそらく嘘の情報や業者自身による自作自演だといわれています。

特に、匿名による短文の投稿という形の口コミ。

利用して良かった…オペレーターの対応が親切で丁寧だった…また利用したいです…といった口コミはほぼ全てヤラセだとおもって間違いありません。

これは 、ステルスマーケティングといって、宣伝だと気づかれないうちによい印象だけ刷り込む営業手法によるものです。

逆に、悪かったことや失敗したこと、騙されたこと、詐欺被害に合ったことなどを語っている口コミやマイナスの体験談の場合は、ある程度信用できます。

マイナスイメージの口コミを掲載することは、それを書かれた業者やサービスにとっては、不利益になります。

それでも、マイナスの口コミをきちんと掲載しているサイトの情報は、ある程度信憑性が高いといえるでしょう。

現金化業者を比較したランキングサイトについても、同じことがいえます。

そのほとんどが、アフィリエイト目的のサイトです。

つまり、広告収入で成り立っていて、一部の優良サイト以外は、利用者のことなど全く考えていません。

それでは、一体、口コミや他人の感想をどのように利用すべきか?ということですが「自分も同じ失敗をしないための、反面教師として利用する」というのが適切な利用法です。

例えば、詐欺の被害に遭ったことが書かれている口コミは、同じ手口の詐欺に巻き込まれないための貴重な情報源といえます。

また、ある程度信用性が高いといえるのは、きちんと顔や実名を公表してコメントしているようなサイトの記事です。

あるいは、かなり長めの体験談風の記事を掲載しているサイトの情報です。

これらのサイトでも、もちろん何らかの営利目的の要素があるものですが、身分を公表しているからには、掲載内容にある程度の責任を持たざるをえない筈です。

繰り返しますが、クレカ現金化の業者選びでも、口コミを安易に信じて判断材料にするのは非常に危険です。

その口コミに騙されても、誰も責任を取ってくれません。

クレジットカード現金化で失敗しないために、体験談から学ぶべきポイント

失敗談から学ぶ
口コミというのは「良かった…という感想は話半分に」、「悪かった、騙された…という体験談は反面教師として」というのが大原則です。

このような理由から、まず、失敗や被害に共通するポイントを要約文にしてみました。

同様の失敗をしないために、そこから何を学ぶべきかということについて見ていきます。

以下が、その要約文です。

「急な出費で、預貯金もあてもなく困った。消費者金融はイメージ的に抵抗があったので、他に方法がないかネットで調べた。クレジットカードの現金化というものがあると知った。初めは怪しいとおもったが、口コミを見たら、いいことばかり書いてあったので、利用することにした。換金率が一番高そうな98%の業者を選んだ。ネットから申込むと、本人確認の電話が掛かってきて、そのまま契約内容の話になった。高額の手数料を引かれることなど、ネットには書いていなかった条件を提示され、結局は換金率60%の契約にされてしまった。話が違うので断ろうとおもったら、高額のキャンセル料が掛かるといわれ、仕方なくそれで現金化した。」

以上が、最もよくある失敗談(被害報告)の要約です。

では、一体ここから何を学ぶべきでしょうか?

実例から学べる実践的な活用術

まず「その他に、方法がないかよく検討したのか」という点がポイントです。

検討の余地があったかもしれません。

また、消費者金融をイメージだけで却下していますが、少なくとも大手の消費者金融は実績もある優良企業です。

その他にも、即日融資に対応できる銀行系のカードローンなどもたくさんあります。

次に「自分の直感よりも、たくさんある他人の口コミを信じてしまった」というところが反省点です。

いいことばかりが書いてあると、何だか大丈夫な気になってしまう…というところが、まさに危険なポイントです。

実際には、そのほとんどが現金化業者自体によるヤラセの口コミです。

その他のポイントとしては「他より好条件なところを、安易に選んでしまった」という点が、失敗例に共通しています。

例えば、90%台の換金率を提示する業者の中に一社だけ85%のところがあったら、逆に、その一社を選ぶくらいの余裕がほしいところです。

以上のことから、学ぶべき点をまとめると

「まず、クレジットカード現金化の他に、比較的速やかに現金を入手する方法はないか、もう一度じっくり検討してみる。その際、イメージや先入観だけで判断せずに、良く調べてみる。調べるときには、他人の感想に振り回されないように注意する。自分の直感(嫌な予感の場合は特に)は意外と信用できる。うますぎる話はとりあえず疑っておいた方が無難。いずれにしても、焦らずに行動する」

ということになります。

最低限、上記の様なポイントに注意して、クレカ現金化をやむをえず利用する際には、失敗談や被害報告を何処かに投稿する羽目にならないよう、くれぐれもご注意下さい。

クレジットカード現金化!実際に利用した主婦の体験談

クレジットカードの現金化に興味があるけれど、不安を感じている……という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、実際にクレジットカードで現金化を行った主婦の体験談をご紹介します。

実際の体験談の全文

28歳の主婦です。

子どもが生まれてから専業主婦をしており、夫のお給料のみで生活しています。

やりくりは厳しく、貯金もなかなか貯まらないのが現状です。

しかし独身時代の仲間との飲み会など、急にお金が必要になることがあります。

ある時、友人の結婚式・二次会出席で、ご祝儀・衣装代・飲み代・交通費などで8万円が必要になったのですが、夫に話すと叱られると思って、相談できませんでした。

散々悩んで消費者金融で借りようと考え、思い切って出かけてみたのですが、専業主婦ということで5万円までしか貸せないといわれてしまいました。

夫に相談するしかないかなと……思いつつも、インターネットで情報を探していると、クレジットカード現金化なら収入のない専業主婦でも利用できることがわかり、思い切って申し込んでみました。

申込みも、インターネットの申込みフォームに必要な情報を入力して登録するだけと簡単です。

すると電話がかかってきて本人確認があり、丁寧に現金化の流れについて説明してくれました。

メリットとデメリットの両方をわかりやすく教えてくれたので、安心して利用できると感じました。

教えられたサイトからカードで商品を購入すると、手数料を引いた金額が指定口座に振り込まれます。

私が利用した業者さんは、男性は購入金額の90%ですが、女性は購入金額の91%と高めの還元率でお金を振り込んでくれました。

これで主人に知られることなく8万円が手に入りました!購入した商品の支払いは分割払いにしたので、月々の支払いもほとんど負担になりません。

クレジットカードの現金化を初めて体験して感じたのは、思ったより簡単で、スピーディーに現金が手に入った!ということです。

ただ、その日のうちにお金を振り込んでもらうには、平日の遅くとも15時まで、つまり銀行業務が行われている時間内に申し込む必要があります。

平日の午前中の申込みなど、なるべく早い時間帯に申し込むことが大切だと思います。

クレジットで現金化をしてくれる業者はたくさんあります。

私が利用した業者さんは電話対応も丁寧で感じが良く、振り込みもスピーディーでした。

誰にも知られることなくお金が手に入る方法として、クレジットカードの現金化は便利だと思います。

でもカードの現金化はだんだんと規制や取り締まりが厳しくなってきたこともありリスクが高まっているように思えます。

amazonギフト券買取を90%以上で現金にできる店舗を全部載せます!にもあるようにamazonギフト券の買取などで検討するのもよいのかもしれません。
【28歳・主婦】

いかがだったでしょうか。

クレジットカード現金化は主婦でも、クレジットカードさえあれば手軽にお金を調達することができます。

しかし悪質業者に捕まらないことも大切です。

急にお金が必要!というときのためにも、資金に余裕がある今のうちに、インターネットで検索するなどして、信用できそうな業者さんをピックアップしておくと、いざというときに安心でしょう。