無職でも利用可能なamazonギフト券での現金化だが利用は慎重にした方がいい理由

返済計画
最低限の知識

本人名義のクレジットカードを所有している人であれば、職業や収入、債務状況にかかわらず誰でもamazonギフト券買取が可能です。

たとえ無職でも以前発行したクレジットカードがまだ使えるのであれば、amazonギフト券を購入して現金化できるんです。

ほとんどの業者がネットのみの運営ですので、身分証明書があれば誰とも顔を合わすことなく現金が手に入ります。

しかし、無職の場合、クレジットカードで購入してamazonギフト券の現金化の前に慎重に考えてください。

クレジットカードさえ持っていれば利用可能という面を強調して、「無職でもOK!」とamazonギフト券買取り業者を宣伝するサイトはたくさんあります。

そういうサイトを読むと、いかにamazonギフト券買取が安全かということが強調されていることがわかります。

しかし、業者の利用がいくら安全でも、現金化した分の返済は利用者自身が必ず行わなければなりません。

無職で収入がない状態でamazonギフト券をクレジットカードで購入したとして、返済する当てはあるのでしょうか。

「カード返済日までには何とかなるはず」と甘く考えていると痛い目に遭う可能性が高いです。

amazonギフト券などのクレジットカードによる現金化はカード会社にバレると強制退会にもなりかねないリスクの高い行為ですから、無職でも大丈夫と安易に宣伝するサイトの内容を鵜呑みにしてはいけません。

自分でリスクを慎重に判断して、確実に返済の当てがある時だけ利用するようにしましょう。

amazonギフト券をカードで決済した時に返済の計画が必要

返済計画

クレジットカードの現金化の一つといわれているのがamazonギフト券の買取サービスです。

手元に現金がなくてもギフト券をクレジットカードで購入して買取業者に換金してもらえるのは便利だし、困った時はとても助かりますよね。

もちろん誰でも利用ができますし、いつでも利用可能です。

ですからクレジットカードだけ契約していればたとえ、来月の収入がゼロだったとしてもamazonギフト券の買取を行う事は簡単に利用できてしまいます。

「なんとかなる。」だけで、現金化を利用することは非常に危険です。

もともと、お金が必要な理由を検討することも大切ですが、借金の返済をしようと考えているならおすすめ出来ません。

前の借金が返済できない状況ではクレジットカードの返済は1か月後です。

そのお金も工面できるとは思えません。

ですからカード決済などによるamazonギフト券買取などを利用する際はクレジットカードの返済するためにどうすればよいか、などの返済計画を立ててから買取サービスを利用してもらいたいものです。

クレジットカード現金化業者を利用する前にネットバンクの口座を開設しよう

ネットバンク口座

ネットで営業するクレジットカード現金化業者を利用するなら、利用の前にネットバンクの口座を開設しておくことをおすすめします。

ネットバンクの口座があるかどうかで、現金の振込スピードが大幅に変わってくるからです。

ほとんどのクレジットカード現金化業者は、都市銀行でも地方銀行でもどんな銀行への振込にも対応していることでしょう。

しかし、一般的な銀行では営業時間の都合で振込までに時間がかかることがあります。

ご存じのように銀行は平日午後3時で営業を終了します。

つまり、その時間を過ぎた振込の受付は翌営業日以降に回されるということです。

ですので、どんなにクレジットカード現金化業者がスピード振込に対応していても、振込先が一般的な銀行だと、午後遅くに申し込んだ時には翌日まで入金を待たなければならなくなってしまうのです。

その点、ネットバンクなら24時間の振込に対応するところが多いです。

ネットバンクとは文字通りネットで営業する銀行のことで、実際に店舗を構えずすべての取引をネット上で行っています。

そのため、業者が現金を振り込むためにわざわざ店舗まで出向く必要がありません。

ネットでの操作だけで即座に反映されるため、スピード振込が可能になるのです。

クレジットカード現金化業者を利用するなら、ぜひネットバンクの口座を振込先に指定しましょう。

コメントはまだありません

コメントを残す

買取りの時間制限
最低限の知識
これからのamazonギフト券での現金化業者は即日振込が当たり前

amazonギフト券買取業者を選ぶ際のポイントに、振込までのスピードがあります。 利用者としては一刻 …