申し込んだ当日に現金を手にすることが可能なamazonギフト券買取ですが、振込までのスピードを早めるにはちょっとしたコツがあります。

そこで、可能な限り早急に現金が必要の方のために、amazonギフト券買取業者に申し込む際のポイントを紹介しましょう。

まずは電話で申し込まないことです。

amazonギフト券買取業者選定の方法として、直接電話をかけてスタッフの対応を確認するというものがありますが、振込までの時間を短縮したいなら電話申込は避けましょう。

なぜなら、初回の利用では個人情報の確認が必要だからです。

電話で申し込んだとしても、身分証明書のコピーなどはメールで送信することになります。

それなら最初からメールで送信しておいた方が、電話の手順が省ける分、手続きが完了するまでの時間も短くなるのです。

ただし、業者からの確認の電話は確実に受けなければなりません。

申し込み内容や本人確認のための電話ですから、電話を取らないとそこで手続きがストップしてしまいます。

即日での買取りを希望するなら、電話が取れる状態で申し込みましょう。

振込先の口座の対応時間についても、あらかじめ確認しておかなければなりません。

平日の午前中以外の申し込みなら、ネットバンクなど24時間の振込に対応する口座を先に開設しておくべきです。

クレジットカード現金化でリボ払いでの返済をおすすめしない理由

リボ払い
クレジットカード現金化で手に入れた現金は、翌日には返済しなければなりません。

返済方法が選べることは、消費者金融などの貸金業者を利用した時にはないメリットですが、リボ払いには注意が必要です。

リボ払いは月々の支払いを一定額にできるため、返済額を気にせず大きな買い物ができるというメリットがあります。

しかし、残高があるうちは高い金利が発生し続けるため、使い方を誤ると支払い不能に陥るほどに債務が増えてしまう危険性もあることに注意してください。

クレジットカード現金化を利用するということは、かなりお金に困っていると予想されますが、だからこそ翌月に確実に返済できる当てがない時には利用するべきではないのです。

リボ払いを選択する人は、1回払いでは苦しいから選択するのでしょう。

しかし、クレジットカード現金化で当座の現金を手に入れたとしても、翌月に完済できる見通しがないためにリボ払いとした結果、翌月もまた現金化を利用する破目になり、さらにその返済が苦しくなるという悪循環に陥ってしまう危険性があります。

カード会社はリボ払いを勧めてきますが、それはカード会社にとって利益の大きい商品だからです。長い目で見ると利用者には大きな負担になります。

クレジットカード現金化を利用する際は、可能な限り1回払いでの返済を選びましょう。

海外でクレジットカード現金化を利用する際の注意点

海外での利用
ネットで運営するクレジットカード現金化業者を利用すれば、海外でもクレジットカード現金化は可能です。

海外旅行でちょっと現金が足りない時にでも利用できるのは非常に重宝しますが、海外でクレジットカード現金化を行うには注意しなければならないこともあるので、事前に覚えておきましょう。

ネットのクレジットカード現金化業者ならいつでも受付は可能ですが、海外からの利用では時差のあることに注意してください。

韓国など近隣の国ならそれほど問題ではないですが、欧米などでは日本と昼夜が真逆の地域もあります。

現金化を利用したいと思った時には日本は深夜で半日待たなければならなかった、というケースもあり得ますので、事前に注意しておきたいポイントです。

また、初めて利用する業者なら、本人確認などの手続きで折り返し確認の電話がかかってくることがあります。

その際に電話に出られないと手続きが進みませんので、海外でも電話に出られるようにしておくことが大切です。

最も注意しなければならないのが、現地で出金できる銀行口座を用意しておくことです。

せっかくクレジットカード現金化が利用できても、海外にない日本の銀行口座に振り込まれるのでは意味がありません。

事前に渡航先の国と提携している銀行口座を用意しておくことを忘れないでください。